家族 / 大岩 友理(ペイフォワード多治見)

家族 / 大岩 友理(ペイフォワード多治見)

ASD
発達障害
女性の生き方

こんにちは
岐阜県多治見市で就労移行支援 ペイフォワード多治見で管理者をしている大岩友理です。

就労移行支援、就労継続支援B型の事業をしております。

そのなかで日々相談を受けるのですが、精神障害(発達)の方が多いです。
特に最近女性が増えてきており、私が支援をしている事業所も女性が多くなってきています。
仕事などでも活躍の場が増えてきているのもありますが、婚期が遅くなってきているもしくは結婚の予定がない、あまり結婚したいと思えないという方も増えてきている印象を受けます。
様々な考えの方がいますが、働く中で気持ちの変化もあるのだなと感じます。

家族だからこその悩み

今回は家族関係のことをお話していきたいと思います。

相談に来られる方で、家族のことで悩まれていることが多いです。

・家族も家族で悩んでいるから自分のことまで伝えられない・・・

・負担をかけたくない・・・

・昔から仲が悪くて話ができない

・兄弟に愛情が傾いていて自分とは疎遠

・家族に精神疾患があり突然起こるので怖くて言えない

など色々な悩みで家族と関係がうまくいっていない場合もあるかと思います。

仕事を辞めたい相談や仕事に就きたい相談など本当話して意見ももらいたいけど、話せない…
何を言われるか怖い…

私は就労移行支援として利用者さんと関わり、時にはご家族へ連絡して本人から伝えきれなかったことなどを伝えることもあります。
コミュニケーション不足での関係悪化というきっかけがほとんどですが、誰かを頼りながら関係を修復していくことも必要な時はあるかと思います。

自分の事だけではないので悩みを伝えづらかったりしますが、少しでも行動を起こさないと変わらないこともありますね。
時間が解決という場合もあるかもしれませんが…

家族以外に相談してみる

友人や知人以外にもカウンセリングや病院など利用してみるのも方法かと思います。

病院の先生に協力を依頼するのであれば親と診察が時には、必要になってきます。
先生も双方のことを聞いてやっと理解できることもありますので・・・
その前に自分が伝えられることを伝えて気持ちを軽くしていくことも大切です。

家族に頼って生活してきた方、親の判断がないと自分では判断できない。(親へ頼ることも必要なのでそこは一人一人に応じて)
少しづつ自身のできることを広げて自立に向かいましょう。
まず、自分の着たい服を選んだり、外食した時に食べたいものを選ぶ、買い物に行ったときに買うものを選ぶなど少しづつ決めていきましょう。

もちろん大切な決断、大きな決断は相談していきましょう(*´ω`)

小さいころから親が高圧的、言いたいことが言えない環境で育ってしまった方、周りの環境で言いたいことが言えなくなってしまった方それぞれのきっかけがあったと思います。
少しだけでも話せるところ(それがメールでもラインでも)ありませんか?

伝えてみてくださいね。

ありがとうございました。

著者紹介

大岩友理

株式会社エムズ
ペイフォワード多治見に勤務
就労支援(障がい者の一般就労の支援と働く場の提供)をし
働くことに不安がある方の相談、支援を行っております。